CentOS 6.8:Zabbix 3.0 インストール

オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix 3.0」を CentOS 6.8 にインストールします。※2016-11-27現在、Zabbix最新版パッケージは「3.2」となりますが、CentOS 6系の3.2パッケージは存在していないため「3.0」のインストール手順となります。(2016-11-27作成)

StartupStockPhotos / Pixabay

Zabbixとは

オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix」とは Zabbixとは、サーバ、ネットワーク、アプリケーションを集中監視するためのオープンソースの統合監視ソフトウェアです。 統合監視に必要な監視、障害検知、通知機能を備えています。(出典:MIRACLE LINUX)

0.環境

参考:Zabbix 3.2 の PHP バージョン必要条件
https://www.zabbix.com/documentation/3.2/manual/installation/requirements

1.PHP5.6インストール

1)epelとremiのリポジトリを追加します。CentOS 6.5 (6系)用です。

2)PHP5.6をインストール

3)yum listで提供されているパッケージを確認できます。

2.MySQL5.7インストール

1)MySQL 公式 yum リポジトリの追加

2)MySQL パッケージの詳細情報を確認

3)mysql 5.1系の依存パッケージを削除

4)必要パッケージのインストール

5)MySQLインストール

6)MySQL イニシャライズ

MySQL 5.7 では、初回起動と同時に root ユーザーにランダムな文字列がパスワードとして設定されます。 設定されるパスワードはインストールを行う度に全く違うものです。 初期パスワードは MySQL のログファイルに出力されています。

3.Zabbix3.0 インストール

4.Zabbix 3.0 データベースとユーザーの作成

5.Zabbix 3.0 サーバーの設定と起動

1)Zabbix サーバーの設定ファイルに、先ほど作成したMySQLのユーザー(zabbix)のパスワードを入力します。

2)Apache httpd の設定ファイルで、タイムゾーン(日本/東京)を指定します。

3)Zabbix サーバーの起動

4) httpd の再起動

5)また動作確認用に Zabbix エージェントも起動しておきます。

6)Zabbix エージェントの動作確認

7)各種、自動起動設定

8)Zabbix の初期設定

ブラウザで下記URLを開き、初期設定を開始します。

以上

Ubuntu 16.10 (Yakkety Yak) リリース

2016/10/12(現地時間) 英Canonicalは、Linuxリストリビューション「Ubuntu」の最新版「Ubuntu 16.10 (Yakkety Yak) 」をリリースしました。コードネームは“Yakkety Yak”(ヤケティ・ヤック)(やかましいヤク)です。(2016/10/15作成)

StrategicWebDesign_Net / Pixabay

Ubuntu 16.10 (Yakkety Yak)
http://releases.ubuntu.com/yakkety/

<アップデート手順>

Ubuntu 16.04 LTS からのアップグレードの場合は以下「ソフトウェアとアップデート」設定が必要です。

・ソフトウェアとアップデート > アップデート > Ubuntuの新バージョンの通知: 長期サポート(LTS)版 ⇒ すべての新バージョン

<HDDの容量が足りない場合>

アップグレード時、HDDの容量が足りない場合、古いバージョンのカーネルイメージを削除すると空き容量を確保できます。

1)使用中のカーネル リリース番号を確認する。

2)インストールされているカーネル イメージを確認する。

3)使用中のものと「linux-image-generic」以外のカーネル イメージを全て削除する。

以上

macOS Sierra 無償アップグレード開始

2016年9月22日(現地時間9月21日)、OS X El Capitan(エル キャピタン)の後継となる「macOS Sierra(シエラ)」の無償アップグレードが開始されました。(2016/9/22作成)

werner22brigitte / Pixabay

macOS
http://www.apple.com/jp/macos/sierra/

※ OS X v10.8 Mountain LionからOS X v10.11 El Capitanまで使用された「OS X」の名称を改め、「macOS」に変更されました。

※ 【9/22追記(1)】

macOS Sierraで OpenSSH v7を採用されました。

OpenSSH v7ではいくつかのレガシーな暗号が無効となりました。

他”PubkeyAcceptedKeyTypes”といった新しいオプションが利用可能となりました。

※ 【9/22追記(2)】

macOS Sierra アップデート直後より、MacBookPro のファンが回りっぱなしになるのが気になっていました。Twitterで検索すると、同様に感じている人がいる模様、アクティビティモニタで確認すると確かに「写真.app」の「photoanalysisd」がCPUを占有していました。

以上

【SLIP-ON】スリップオン SIERRA/シエラ 木軸ボールペンL WBP-3801 ネイビー

Apple:iOS 10 リリース

2016年9月14日 午前2時頃(日本時間)、アップルから待望の「iOS10」がリリースされました。対応デバイスは「iPhone 5以降」がバージョンアップ可能、4sは非対応となります。(2016/09/19作成)

ios_10_wordmark-svg

iOS 10 Release Notes

iOS 10は今までのiOSの歴史の中で最大のリリースです。“メッセージ”は大規模にアップデートされ、会話からApp Storeに直接アクセスできるようになり、メッセージをよりパーソナルにカスタマイズすることができます。より美しく変更された“マップ”のデザインで経路を検索してみてください。“写真”の新機能“メモリー”で過去の記憶を呼び起こしてみましょう。Siriは今まで以上に多くのAppで使用できるようになりました。新しい“ホーム” Appを使えば、ホームのコントロールがかつてないほど簡単にできます。そして、新しい“ミュージック”とNewsもぜひ使ってみてください。

以上

WordPress:MySQLの遅いクエリーを検出、最適化する

WordPress、インストール始めのころは速かったが、最近なんだか遅くなって感じることは多いと思います。過剰なプラグインのインストール、重い外部スクリプトの大量読み込み等など、原因は様々ありますが、データベース(MySQL)のクエリーがその一要因となっていることがあります。MySQLの遅いクエリーを検出、最適化することで、Wordpressのパフォーマンス向上を狙います。(2016/09/11作成)

hpgruesen / Pixabay

0.環境

1.MySQLの SlowQueryLogを「mysqldumpslow」で分析する

2.スローと検出された「Query」を「EXPLAIN」確認する

【ポイント】
「all」が選択されている部分が一番コストが高い、インデクスのチューニングが必要である。具体的には、インデクスを張ったほうが良いと思われる部分にインデクスを貼る。

3.インデックス設定

※テーブル「 wp_options 」の「autoload」にINDEXを貼る。

4.「EXPLAIN」結果(インデックス設定後)

付録1.MySQLで INDEXが貼られているかを確認する

以上