Windows:VirtualBoxの共有フォルダを利用する

以前似たようなタイトル記事で、ゲストOSが Linux「Ubuntu」のケースで「VirtulBox 共有フォルダ」の利用方法をご紹介しました。今回は、ゲストOSが「Windows XP」のケースでの利用方法となります。(2013/05/11作成)

0.環境

ホストOS:Mac OS X 10.8.3 & VirtualBox 4.2.12
ゲストOS:Windows XP Professional

1.設定(ホスト側)

ゲストOSが起動している状態で、VirtulBox メニュー > Devices > Shared Folders… をクリック。

ゲストOS名 – Shared Folders
[ + ] Adds a new shared folders definition をクリック。

□Add Share
virtualbox_add_share

必要項目を入力して、[OK]をクリック。
Shared Folders ウィンドウ側の [OK] をクリック。

2.設定(ゲスト側)

マイコンピュータ(開く) > ツール > ネットワークドライブの割り当て(N)… をクリック。

ネットワークドライブの割り当て
| ドライブ(D): 割り当てドライブレター
| フォルダ(O): 参照(B)… をクリック

□フォルダの参照
windows_xp_selected_folders

¥¥VBOXSVR¥share を選択して[OK]をクリック。
ネットワークドライブの割り当て ウィンドウ側の [完了] をクリック。

※これでゲストWindowsから、ホストMacBooxのディレクトリを利用できるようになります。


FC2ライブ

コメントを残す