[DTI]ServersMan@VPS:PHP高速化「APC」導入

PHP高速化の一般的ソリューションとして、PECL 「APC」を導入する方法があります。APCとは、PHPを中間コードの状態でメモリ上にキャッシュし、次回アクセス時に高速化するモジュールです。今回は、ServerMan@VPSのPHPにこの「APC」を導入します。(2010/10/23作成)

Memory PIX1861 / Pixabay

1.環境整備
[crayon]
# php -v
PHP 5.1.6 (cli) (built: Mar 31 2010 02:44:37)
Copyright (c) 1997-2006 The PHP Group
Zend Engine v2.1.0, Copyright (c) 1998-2006 Zend Technologies
[/crayon]
[crayon]
# yum install -y httpd-devel php-pear.noarch
[/crayon]

2.APC導入
[crayon]
# pecl install APC

# pecl list
Installed packages, channel pecl.php.net:
=========================================
Package Version State
APC 3.0.19 stable
[/crayon]

3.PHP設定
[crayon]
# vi /etc/php.ini
extension=apc.so

[APC]
apc.shm_size=64
apc.optimization=1
apc.stat=1
[/crayon]

上記参考:実行時設定
http://php.net/manual/ja/apc.configuration.php

[crayon]
# /etc/init.d/httpd restart
[/crayon]

以上

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください