[DTI]ServersMan@VPS:CentOS、Logwatchの設定

サーバー運用において、日々出力されるログは「膨大」であり、またそれらを、ひとつひとつ目視するのはとても大変です。ログをダイジェスト形式で確認できないものか…そんなシーンで有効なのが「Logwatch」と呼ばれる UNIX系ツールです。下記 Redhat系 CentOSにて、Logwatchの設定手順を記述します。(2011/02/03作成)

Watch Barni1 / Pixabay

0.環境

$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.5 (Final)
$ rpm -qa | grep -i sendmail
sendmail-8.13.8-8.el5

1.設定手順

$ /etc/init.d/sendmail status
sendmail is stopped
$ sudo /etc/init.d/sendmail start
Starting sendmail: [ OK ]
Starting sm-client: [ OK ]
$ sudo yum -y install logwatch

$ sudo vi /etc/aliases
# Person who should get root's mail
#root: marc
root: 送信先メールアドレス

# /usr/bin/newaliases

2.確認方法

どのようなメールが送信されるか標準出力する

$ sudo logwatch --print

スポットで特定のメールアドレスに送信する

$ sudo logwatch --mailto email@example.com

※指定した「送信先メールアドレス」宛にdailyでメール配信されるようになります。

以上

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください