Ubuntu 11.04:データディレクトリを暗号化する(EncFS)

日常生活で「重要書類」や「貴重品」は、普段、金庫に施錠しまっておき、使う時のみ金庫からだして使用すると思います。これと同じことを、メールまたはシステム関連のデータでも行いたく、暗号化ディレクトリ(EncFS)を使用し実現します。(2011/05/21作成)

金庫 Alexas_Fotos / Pixabay

1.環境設定

インストール

2.初期設定

1)マウントポイントを作成

2)データディレクトリを作成

※暗号化データを格納する「ディレクトリ」を作成する。

3)マウント(+初回設定)

※初回マウント時に自動的に暗号化手続きが行われる。

新しい暗号化ボリュームを作成します。

暗号化データを格納する「ディレクトリ」には、configrationファイルとして「.encfs6.xml」が作成されます。なお上記ディレクトリ内すべてを削除すれば、初回設定を再度行うことができます。

4)アンマウント方法

3.使用方法

使用時はマウントして使用する。
マウント後は通常のディレクトリと何ら変わりなく使用できる。

4.参考文献

HOWTO: EncFSを使ったディレクトリの暗号化
https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=2962

以上

Pocket

コメントを残す