[DTI]ServersMan@VPS:モニタリングツール「Ganglia」インストール

【中古車のガリバー】中古車購入

Ganglia(ガングリア)とは、RRDTool のフロントエンドとして実装された、OSSサーバーモニタリングツールです。大規模(数千ノード=数千サーバー)の監視を想定し設計されています。今回は、ServersMan@VPSにインストールしました。(2012/09/17作成)

0.環境

$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.8 (Final)

1.インストール方法

# yum install rrdtool
# yum --enablerepo=rpmforge install ¥
ganglia ganglia-gmetad ganglia-gmond ganglia-web

2.初期設定

# pwd
/etc/ganglia

# diff gmetad.conf.ORG gmetad.conf
39c39
< data_source “my cluster” localhost
—
> data_source “offline-net.com” localhost

# diff gmond.conf.ORG gmond.conf
23c23
< name = “unspecified”
—
> name = “offline-net.com”
43c43
< mcast_join = 239.2.11.71
—
> mcast_join = 127.0.0.1
50c50
< mcast_join = 239.2.11.71
—
> #mcast_join = 239.2.11.71
52c52
< bind = 239.2.11.71
—
> #bind = 239.2.11.71

# /etc/init.d/gmetad start
# /etc/init.d/gmond start
# /etc/init.d/httpd restart

# /sbin/chkconfig gmetad on
# /sbin/chkconfig gmond on

3.ブラウザアクセス

http://localhost:10080/ganglia/
※初期インストール設定では、allow 127.0.0.1 のため、ssh port forwardingしてアクセスします。

Ganglia

以上

[amazon_image id=”B00A4RSNIU” link=”true” target=”_blank” size=”medium” ]Monitoring with Ganglia[/amazon_image]

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください