[DTI]ServersMan@VPS:memcached + PHP 構築

KVS(Key-Value Store)の代名詞でもある、memcachedを ServersMan@VPSにインストールします。併せて、PHPから memcachedに接続できるように設定します。(2012/11/25作成)

ROM geralt / Pixabay

0.環境

$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.8 (Final)

※YUM Repository”epel”を有効にしておく必要があります。

1.memcached のインストール&起動

$ sudo yum install memcached
$ sudo /etc/init.d/memcached start
$ sudo /sbin/chkconfig memcached on

1.1.memcachedの動作確認

$ telnet localhost 11211
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
stats
…

2.libmemcached のインストール

$ sudo yum install libmemcached libmemcached-devel
$ sudo yum install libevent-devel

3.pecl memcache インストール

$ sudo pecl install memcache
…
Build process completed successfully
Installing '/usr/lib/php/modules/memcache.so'
install ok: channel://pecl.php.net/memcache-2.2.7
configuration option "php_ini" is not set to php.ini location
You should add "extension=memcache.so" to php.ini

4.memcachedの管理ツール

APC管理ツールとそっくりな管理ツールが、memcached用で存在しています。
http://livebookmark.net/journal/2008/05/21/memcachephp-stats-like-apcphp/

MEMCACHE_INFO

付録.PHPのセッションをmemcachedに持たせる設定

$ sudo vi /etc/php.ini

session.save_handler = files
session.save_path = "/var/lib/php/session"
↓
session.save_handler = memcache
session.save_path = "localhost:11211"

参考:http://php.net/manual/ja/memcache.ini.php

以上

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください