[DTI]ServersMan@VPS:MySQLチューニング(スレッド編)

通常、MySQLのスレッド処理は、クライアント接続の度「生成・破棄」を繰り返します。「thread_cache_size」のパラメータを設定することで、設定した値の数だけスレッドが破棄されないようになり、他のクライアントからの接続に再利用することができるようになります。(2014/01/26作成)

ColossusCloud / Pixabay

0)環境

$ mysql --version
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.5.25a, for Linux (i686) using readline 5.1

1)設定前

mysql> SHOW STATUS LIKE '%Threads_%';
+-------------------+-------+
| Variable_name     | Value |
+-------------------+-------+
| Threads_cached    | 0     |
| Threads_connected | 2     |
| Threads_created   | 15833 |
| Threads_running   | 1     |
+-------------------+-------+
4 rows in set (0.00 sec)

2)設定内容

$ sudo vi /etc/my.cnf
max_connections=256
thread_cache_size=70
wait_timeout=10

max_connections …最大同時接続数。
thread_cache_size …スレッドキャッシュの数。
wait_timeout …DBへのコネクションのタイムアウト時間。

3)設定後

mysql> SHOW STATUS LIKE '%Threads_%';
+-------------------+-------+
| Variable_name     | Value |
+-------------------+-------+
| Threads_cached    | 1     |
| Threads_connected | 1     |
| Threads_created   | 2     |
| Threads_running   | 1     |
+-------------------+-------+
4 rows in set (0.00 sec)

以上

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください