Cygwin:ssh-agentを有効にしてssh公開鍵のパスフレーズを記憶する

Cygwin上でssh-agentを有効にして「ssh公開鍵」のパスフレーズを記憶させれば、サーバーにCygwin端末でsshする際、パスフレーズの入力を省略できます。(2014/02/09作成)

Password ChristophMeinersmann / Pixabay

■設定方法

※Cygwinは「C:」直下にインストール、またCygwin上にsshパッケージはインストールされていること前提としています。

C:\cygwin\home\{ユーザー名}\.bashrc の末尾に以下を追加します。

[crayon]
echo -n “ssh-agent: ”
source ~/.ssh-agent-info
ssh-add -l >&/dev/null

if [ $? == 2 ] ; then
echo -n “ssh-agent: restart….”
ssh-agent >~/.ssh-agent-info
source ~/.ssh-agent-info
fi

if ssh-add -l >&/dev/null ; then
echo “ssh-agent: Identity is already stored.”
else
ssh-add
fi
[/crayon]

以上

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください