vim:インデントが崩れる場合の対処

マウスコンピューター期間限定セール

vimでコピペを行った時、が崩れる場合の対処方法です。(2014/02/27作成)

777546 / Pixabay

コピペコード:

// sample hoge
if ($hoge === TRUE) {
    echo "OK";
} else {
    echo "NG";
}

コピペ時コード(崩れている…)

// sample hoge
// if ($hoge === TRUE) {
//     echo "OK";
//     } else {
//         echo "NG";
//         }

対処方法

$ vi ~/.vimrc
set pastetoggle=<C-E>

上記設定で「i」挿入モードにして「C-E」でトグルできるようになります。

“– 挿入 –” と
“– 挿入 (貼り付け) –” がトグルします。

挿入 (貼り付け) モードの際、ペーストすると「インデント」「コメント」を崩すことなくペースト可能となります。

以上

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください