Mac:OS X 10.8.5 Ruby インストール(rbenv)

Rubyのバージョン管理を簡単に行える「rbenv」を使用し、MacOS環境にRubyをインストールします。(2014/03/16作成)

Ruby barryjones / Pixabay

1)homebrew のインストール

※インストールされている場合は不要です。
[crayon]
$ ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.github.com/Homebrew/homebrew/go/install)”
[/crayon]

2)「rbenv」と「ruby-build」のインストール

[crayon]
$ brew install rbenv
$ brew install ruby-build
[/crayon]

3)rbenvの設定

.bash_profile に設定を追加する。
[crayon]
$ echo ‘eval “$(rbenv init -)”‘ >> ~/.bash_profile
$ echo ‘export PATH=”$HOME/.rbenv/shims:$PATH”‘ >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile
[/crayon]

4)rbenv のインストール・リスト取得

[crayon]
$ rbenv install -l
[/crayon]

5)rbenvで ruby 対象バージョンを指定しインストール

[crayon]
$ rbenv install 1.9.3-p125
[/crayon]

6)rbenv 変更を反映とバージョン確認

[crayon]
$ rbenv rehash
$ rbenv version
[/crayon]

7)ruby 反映

[crayon]
$ rbenv shell 1.9.3-p392 # 現在実行しているシェル環境上の設定
$ rbenv global 1.9.3-p392 # システム全体の設定
[/crayon]

以上

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください