ServersMan@VPS:Muninインストール

Muninとは、ネットワーク化に対応した「リソース・モニタリングツール」です。 ServersMan@VPS に、ほぼデフォルト状態でインストールしローカルサーバーの監視を行います。(2014/04/22作成)

PublicDomainPictures / Pixabay

0.環境

$ cat /etc/redhat-release 
CentOS release 5.10 (Final)

※本インストールには、EPEL(エンタープライズ Linux 用の拡張パッケージ)のリポジトリを有効化にしておく必要があります。

1.Munin Master Server

1)muninインストール

※localを監視node対象にするので「munin-node」もあわせてインストールします。

 
$ sudo yum --enablerepo=epel install munin munin-node

2)munin画面にアクセスするためのパスワードファイル「BASIC認証」を設定します。以下はユーザーが「admin」の場合です。

$ sudo htpasswd -m /etc/munin/munin-htpasswd admin

3)munin-nodeを「START」させます。

$ sudo /etc/init.d/munin-node start
munin-node確認方法(telnet)
$ telnet localhost 4949
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
# munin node at dti-vps-srv742
※munin-nodeはサーバーReboot時、自動起動するように設定します。
$ sudo /sbin/chkconfig munin-node on

4)httpdを再起動します。

$ sudo /etc/init.d/httpd configtest
$ sudo /etc/init.d/httpd graceful

※munin-nodeの情報が取得されるまで「5分」位待ちます。
※その後、muninの管理画面にブラウザでアクセスできるようになります。
「http://サーバー名/munin/」

2.監視対象(node)を追加する

Munin Master Server には、監視対象(node)となるサーバーを追加できます。
ServersMan@VPSで本章にある監視対象を追加する場合は、IPアドレス部分を読み替えて下さい。

◆監視される側(IP:192.168.1.11と仮定)

$ sudo yum --enablerepo=epel install munin-node

$ sudo vi /etc/munin/munin-node.conf
# 55行目付近:監視接続を許可するIPアドレス (Muninサーバーが192.168.1.10の場合)
allow ^192\.168\.1\.10$

$ sudo /etc/rc.d/init.d/munin-node start

※監視される側は、監視される側からPort「4949」の接続許可がされている必要があります。

◆監視する側(IP:192.168.1.10と仮定)

$ sudo vi /etc/munin/munin.conf
[nodeserver]
  address 192.168.1.11
  use_node_name yes

※masterからnode側への接続チェック方法

$ telnet 192.168.1.11 4949
Trying 192.168.1.11..
Connected to 192.168.1.11.
Escape character is '^]'.
# munin node at nodeserver

以上

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください