CentOS 6.5:Postfixのデフォルト「Return-Path」を設定する

サーバー上でメール送信時「Return-Path」が、「 root@localhost.localdomain 」 のままであるとメールサーバーの設定によっては、メールが届かない場合があります。CentOS 6.5 Postfixを例にデフォルト「Return-Path」を設定します。(2014/04/30作成)

Mail OvidiuTepes / Pixabay

0.環境

$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.5 (Final)

$ rpm -qa | grep -i postfix
postfix-2.6.6-6.el6_5.x86_64

1.現象

ユーザー「root」からmailを送信した場合

# echo 'TEST-TEST-TEST' | mail -s 'TEST MAIL' <recipient>

Return-Path: root@localhost.localdomain
From: root@localhost.localdomain

迷惑メールフォルダに振り分けられる(もしくはメールが届かない)メールサーバーがあります。

2.設定

$ sudo vi /etc/postfix/canonical
root root@example.com

$ sudo postmap /etc/postfix/canonical

$ sudo vi /etc/postfix/main.cf
sender_canonical_maps = hash:/etc/postfix/canonical

$ sudo /etc/init.d/postfix restart

以上

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください