VMware ESXi:ゲストに増設したHDDを元にLVMボリュームを拡張する

VMware ESXi などの仮想環境で、ゲストOS作成時「割り当てHDD容量」の見積りを誤りますと、いわゆる「/」が足りなくなる問題が発生します。その場合の対処として、HDD構成が「LVM(Logical Volume Manager)」であれば後から容量増設が可能です。(2014/09/19作成)

Expansion MichaelGaida / Pixabay

0.本紙の作業概要

VMware ESXi 既存ゲスト環境は、20GのHDDがLVMで設置されています。
上記環境に、HDDを30Gの新規追加、LVMボリューム「+20G」分容量を増やします。
作業時、対象ゲストOSは停止させる必要があります。
作業時、スナップショットがあると仮想ディスクサイズを増やせないです。
本紙でよく出現する「用語」を以下に補足します。

LVMとは…

LVM(Logical Volume Manager)とは、何台かのディスクをひとつのグループにまとめ、そこから論理ボリューム(パーティション)を切り出すことのできるHP-UXの機能です。 LVMでは、システムの運用を継続したまま論理ボリュームのサイズ変更やディスク追加が可能です。(参考文献:日本HP)

FDISKとは…

「 FDISK」とは、ハードディスクドライブに対して、論理的なパーティション(区画)を設定するためのMS-DOSのコマンドのことです。 PC互換機では、FDISKというプログラムを使ってハードディスクドライブに対して論理的なパーティションを設定することになっています。 システムに新しいハードディスクドライブを接続した場合は、まず最初にこのFDISKコマンドでパーティションを設定し、FORMATコマンドでフォーマットを行なうことによって、ユーザーが利用できる状態になります。(参考文献:Lenovo)

1.環境情報

ホストOS: VMware ESXi バージョン 5.1.0
ゲストOS: CentOS release 5.9

2.ゲストOS:新規HDDを追加

VMware ESXi 対象ゲストOSに「新規HDD」を追加します。なお VMware ESXi 上のHDDの追加方法については割愛します。

(HDD増設前)

(HDD増設後)

3.ゲストOS:HDDの初期設定(fdisk)

ゲストOS上で、増設したHDDに「fdisk」コマンドで初期設定を行います。

4.ゲストOS:LVMによる論理ボリューム拡張

ゲストOS上で、LVMによる論理ボリューム拡張します。

以上

Pocket

コメントを残す