ServersMan@VPS:Apacheに「mod_pagespeed」を導入

mod_pagespeedとは、Googleが開発した「Webサイトの表示速度を向上させる」ための拡張モジュールです。mod_pagespeedをWebサーバーインストールするだけで、画像の最適化やキャッシュ、JS/CSSなどの最適化等を透過的に実施することができます。(2015/03/01作成)

eak_kkk / Pixabay

0.環境情報
[crayon]
$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.11 (Final)

$ /usr/sbin/httpd -V | head -n 1
Server version: Apache/2.2.3
[/crayon]

1.インストール設定
[crayon]
$ sudo vi /etc/yum.repos.d/mod-pagespeed.repo

[mod-pagespeed]
name=mod-pagespeed
baseurl=http://dl.google.com/linux/mod-pagespeed/rpm/stable/$basearch
enabled=1
gpgcheck=0
[/crayon]

[crayon]
sudo yum –enablerepo=mod-pagespeed install mod-pagespeed
[/crayon]

2.キャッシュとログの書き込み設定

pagespeedインストール直後、pagespeedのキャッシュログの書き込みは、下記ディレクトリになっています。ディレクトリオーナーを、httpdデーモンを動かすユーザーに合わせます。
[crayon]
/var/cache/mod_pagespeed/
/var/log/pagespeed
[/crayon]

3.pagespeedの設定

pagespeedインストール直後、モジュールの設定は、httpd ホスト全体に適用されるようになっています。Virtualhost毎の設定も可能なので、その際は「/etc/httpd/conf.d/pagespeed.conf」の「ModPagespeed on → off」にします。

pagespeed設定例:

[crayon]

ModPagespeed on
ModPagespeedFileCachePath “/var/cache/mod_pagespeed/”
ModPagespeedXHeaderValue “Powered By mod_pagespeed”

ModPagespeedEnableFilters combine_heads
ModPagespeedEnableFilters combine_css

ModPagespeedEnableFilters move_css_to_head

ModPagespeedEnableFilters remove_comments

ModPagespeedEnableFilters collapse_whitespace

ModPagespeedEnableFilters elide_attributes

ModPagespeedEnableFilters rewrite_javascript
ModPagespeedEnableFilters rewrite_css
ModPagespeedEnableFilters rewrite_images

ModPagespeedEnableFilters inline_css
ModPagespeedEnableFilters inline_javascript

ModPagespeedEnableFilters extend_cache
ModPagespeedEnableFilters convert_png_to_jpeg

ModPagespeedEnableFilters inline_images
ModPagespeedEnableFilters inline_preview_images

ModPagespeedEnableFilters defer_javascript
ModPagespeedEnableFilters canonicalize_javascript_libraries
ModPagespeedEnableFilters recompress_png
ModPagespeedEnableFilters insert_dns_prefetch

[/crayon]

4.pagespeedの統計情報

pagespeedは標準で「統計情報」をモニタリングする管理ページが付属しています。pagespeedインストール直後は「Allow from 127.0.0.1」ローカル接続のみ許可されているので、下記手順で対象サーバーに「sshポートフォワード」してブラウザで閲覧するようにします。

[crayon]
(コンソール)
$ ssh -L10080:localhost:80 対象サーバー

(ブラウザ)
http://localhost:10080/pagespeed_global_admin/
[/crayon]

以上

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください