CentOS 6.7:Muninの監視項目を増やす【RTX-810編】

Muninは、デフォルトの監視項目以外に「SNMPv2」で監視したい項目を増やすことができます。YAMAHA VPNルーター「RTX-810」を監視項目に追加してみます。(2015/11/22作成)

0.環境情報

1.RTX-810側

2.監視元(Muninサーバー)

1)hostsファイル設定

2)YAMAHAプライベートMIB情報

3)SNMPインストール

4)RTXの「CPU」と「Memory Usage」の設置

RTXの「CPU」と「Memory Usage」はで”びぞー徒然日記”さんのページからダウンロードして「/usr/share/munin/plugins/」直下に設置する。

rtx CPU load plugin
rtx Memusage plugin

5)監視項目のシンボリックリンク作成

6)Muninノード設定

7)Muninノード再起動

8)MuninのCRON即反映方法

以上

Pocket

コメントを残す