CentOS 6.7:MySQL ibdata1 肥大化件の対策

MySQL のストレージエンジン「InnoDB」は、デフォルトでは「ibdata1」というファイルにデータを保存・蓄積しています。この「ibdata1」」は一度肥大化すると縮小させることはできないため、ディスクフルの要因につながりかねません。メンテナンス方法を記します。(2016/01/20作成)

Bloating suju / Pixabay

0.環境

1.MySQLに関連するサービスを停止

2.MySQLのDBバックアップを行う

MySQL バージョン 5.1.8以降、mysqldump コマンドに対して「–all-databases」のオプションを付与している場合「–events」 のオプションを追加する必要があります。これは、バージョン5.1.8から mysqlデータベースに eventsテーブルが追加されたことが原因です。

3.「ib*」をrenameする

※注意※ この時点で MySQLが起動しない場合は、直前の手順で変更した「ib*」を「/var/lib/mysql/」に戻してください。

4.MySQLのDBをリストアする

以上

Pocket

コメントを残す