CentOS 6.8:Zabbix 3.0 インストール

オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix 3.0」を CentOS 6.8 にインストールします。※2016-11-27現在、Zabbix最新版パッケージは「3.2」となりますが、CentOS 6系の3.2パッケージは存在していないため「3.0」のインストール手順となります。(2016/11/27作成)

StartupStockPhotos / Pixabay

Zabbixとは

オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix」とは Zabbixとは、サーバ、ネットワーク、アプリケーションを集中監視するためのオープンソースの統合監視ソフトウェアです。 統合監視に必要な監視、障害検知、通知機能を備えています。(出典:MIRACLE LINUX)

0.環境

$ cat /etc/redhat-release 
CentOS release 6.8 (Final)

参考:Zabbix 3.2 の PHP バージョン必要条件
https://www.zabbix.com/documentation/3.2/manual/installation/requirements

1.PHP5.6インストール

1)epelとremiのリポジトリを追加します。CentOS 6.5 (6系)用です。

$ sudo rpm -Uvh http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
$ sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

2)PHP5.6をインストール

$ sudo yum install --enablerepo=remi --enablerepo=remi-php56 php php-opcache php-devel php-mbstring php-mcrypt php-mysqlnd php-phpunit-PHPUnit php-pecl-xdebug php-pecl-xhprof
$ php --version
PHP 5.6.28 (cli) (built: Nov  9 2016 07:23:55) 
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v2.6.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.0.6-dev, Copyright (c) 1999-2016, by Zend Technologies
    with Xdebug v2.4.1, Copyright (c) 2002-2016, by Derick Rethans

3)yum listで提供されているパッケージを確認できます。

$ sudo yum list --enablerepo=remi --enablerepo=remi-php56 | grep php

2.MySQL5.7インストール

1)MySQL 公式 yum リポジトリの追加

$ sudo yum localinstall http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el6-7.noarch.rpm

2)MySQL パッケージの詳細情報を確認

$ yum info mysql-community-server
名前                : mysql-community-server
アーキテクチャ      : x86_64
バージョン          : 5.7.16
リリース            : 1.el7
容量                : 152 M
リポジトリー        : mysql57-community
要約                : A very fast and reliable SQL database server
URL                 : http://www.mysql.com/
…

3)mysql 5.1系の依存パッケージを削除

$ sudo yum remove mysql-libs-5.1.73-7.el6.x86_64

4)必要パッケージのインストール

$ sudo yum install compat-libstdc++-33.x86_64
$ sudo yum install glibc-2.12-1.192.el6.i686
$ sudo yum install libstdc++-4.4.7-17.el6.i686

5)MySQLインストール

$ sudo yum install mysql-community-server
$ sudo /etc/init.d/mysqld start

6)MySQL イニシャライズ

MySQL 5.7 では、初回起動と同時に root ユーザーにランダムな文字列がパスワードとして設定されます。 設定されるパスワードはインストールを行う度に全く違うものです。 初期パスワードは MySQL のログファイルに出力されています。

$ sudo view /var/log/mysqld.log
[Note] A temporary password is generated for root@localhost: XXXXXXXXXXXX
$ mysql_secure_installation
…
Enter password for user root:   # ここでログファイルから取得した初期パスワードを入力します。
The existing password for the user account root has expired. Please set a new password.
New password: # root ユーザの新規パスワードを入力します。
Re-enter new password: # 確認のためもう一度入力します。
Remove anonymous users? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
Disallow root login remotely? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
Remove test database and access to it? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
Reload privilege tables now? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : y
$ sudo /sbin/chkconfig mysqld on

3.Zabbix3.0 インストール

$ sudo rpm -ihv http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/6/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el6.noarch.rpm
$ sudo yum --enablerepo=remi,remi-php56 install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese
$ sudo yum install zabbix-agent
$ sudo yum install zabbix-get

4.Zabbix 3.0 データベースとユーザーの作成

$ mysql -uroot -p
> create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
> grant all on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'XXXXXXXXXXXX';
> flush privileges;
> quit;
$ cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-3.0.5/
$ zcat create.sql.gz | mysql -uroot -p zabbix

5.Zabbix 3.0 サーバーの設定と起動

1)Zabbix サーバーの設定ファイルに、先ほど作成したMySQLのユーザー(zabbix)のパスワードを入力します。

$ sudo vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
# DBPassword=
↓
DBPassword=XXXXXXXXXXXX

2)Apache httpd の設定ファイルで、タイムゾーン(日本/東京)を指定します。

$ sudo vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf
# php_value date.timezone Europe/Riga
↓
php_value date.timezone Asia/Tokyo

3)Zabbix サーバーの起動

$ sudo /etc/init.d/zabbix-server start

4) httpd の再起動

$ sudo /etc/init.d/httpd restart

5)また動作確認用に Zabbix エージェントも起動しておきます。

$ sudo /etc/init.d/zabbix-agent start

6)Zabbix エージェントの動作確認

$ zabbix_get -s 127.0.0.1 -k agent.version
3.0.5

7)各種、自動起動設定

$ sudo /sbin/chkconfig zabbix-server on 
$ sudo /sbin/chkconfig zabbix-agent on

8)Zabbix の初期設定

ブラウザで下記URLを開き、初期設定を開始します。

http://{ZABBIX-SERVER-FQDN}/zabbix/

以上

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください