日本が本当にまずい! とりあえず 大阪都構想に NO です

本ブログオーナーの妻です。
予防接種の恐るべき「裏の顔」について危機感を持ち投稿してから、早3年以上。
当時は予想だにできませんでしたが、今や「新型コロナウィルス」により人類はかつてない危機に直面していますね…。

大阪都構想にNO

二人の遊び盛りの子供を持つ親でもあります。何の心配もなく自由に出かけたり親しい人と集まったりしていた日々が唐突に終わりを告げた事に喪失感を持っています。また、常に心の片隅に子供や自身や大切な人達が感染する恐怖を抱えて暮らさなければならない事、元気に見える子供達も心の底ではそうであろう事を、深く憂いています。
しかしながら、コロナという災厄が持たらした別のものについて今日は振り返りたいです。

コロナと Twitter で開かれた真実への扉

コロナがきっかけになり、にわかに政治に関心を持つようになりました。
なぜなら政府のコロナ対応が、あまりに遅い、あまりにズレてる、あまりに杜撰、あまりにケチくさく思われ。
おかしい、、おかしいと思い始め、ツイッターで情報を取りに行くようになりました。
たまたまタイムリーに、IT 苦手な私に代わり旦那がツイッターアカウントを作ってくれたところだったので、、
すると、テレビとは全く異なり、著名な人や専門家のメッセージがいくらでも自分から見に行ける!フォローできる!それをリツイートできる!ツイッターすご!!!と 15 年遅れくらいで目から鱗が落ちまして、すっかりツイッター界に入門し、一番の関心事であるコロナ関連の情報を漁り始めたのです。
そして、、漁れば漁るほど、知れば知るほど、政府を中心として日本全体がこの上なく「腐れ果てている」事に気づき、愕然としていったのです、、!

コロナの前から腐ってた、、、、、日本の惨状

1回の投稿ではとてもとても書ききれないですが、何から何まで腐っていると思わざるを得ません。
わずか1年弱ですが私なりに見てきて、今はこう思っています。
「一般市民からお金や権利を可能な限り取り上げ、負担を押し付け、取り上げたお金や権利をごく一部の強者に集中させ、その支配を一層強めていく。」それが今日本を牛耳っている連中の基本方針なのだ、と。
このフレーズで政府や、その指南役たる竹中平蔵氏や、その補完勢力たる維新の会の面々の言っている事、やっている事を見てみてください。全てが符号するのではないでしょうか。

個々の政策に戦慄

コロナに関係ある所では、PCR検査抑制方針(誤字じゃないです、拡充じゃなく抑制です!)、補償なき「利用自粛要請」、マスクやアルコールの品薄放置、ゴミつきマスクの配布強行、一連の巨額の委託料中抜き、遅れに遅れた1人10万円臨時給付、自民党議員だけには1人200万円迅速臨時給付、困窮者に煩雑な手続きを強いて給付率が極端に低い持続化給付金などのなけなしの支援策、失業者が爆増する中での「GoToキャンペーン」、、、。
これのどこをどう見たら評価できるでしょうか。
コロナに関係ない所でも恐るべき施策だらけです。私が特に堪らないのは、深刻な健康被害の疑念が叫ばれている 5G 推進、農業に関する一連の(遺伝子組換作物、有害農薬、種子・種苗の保護等々に関する)規制緩和、福島原発事故の汚染水放出構想、など国民の健康を直撃するであろう施策の数々です。数の暴力で次々と強引に推進されてます。

既に独裁国家です、、、、あらゆる機関とメディアの支配

そして最も恐ろしいのは、安倍政権の8年弱の間に NHK、民放、大新聞、警察、検察、司法 のほぼ全てについて政府が人事を掌握し、自らのイエスマンで固めてしまった、という事です。
検察庁法の問題で初めて気づいた方が多かったんじゃないでしょうか。私はそうでした。
その黒幕ともいえるのが官房長官として実務に手腕を奮ってきた現首相、菅氏なのです。

おそらくその支配の総仕上げの一手は改憲だったのでしょう。オリンピックのどさくさに紛れてやってしまうつもりだったんじゃないかと思います。
しかし、たまたまコロナという超・異常事態が直撃し、計画が頓挫し、現政権の真の姿が図らずも、多くの人の気づく所となってしまったのです。私もそれで気づいて愕然とした 1 人です。
そういう意味では、コロナはある意味で神が我々日本人につかわせた最後のチャンスなのではないか、、、?と思ってしまうんです。

大阪都構想 = 大阪市の財布を大阪市民から取り上げたい!

今日は一番差し迫っている危機を1つあげたいです。それは「大阪市廃止構想」の件。
維新の会が執念深く画策している「大阪都構想」の事。11/1がもう住民投票だから、今一番の関心事です。
これ通っちゃったら、やばいでしょう、、、。
「都構想」この言葉がすでに詐欺入っていると思います。大阪都になるわけじゃないんです。ただの大阪市廃止です。
そして一度なってしまったらほぼ確実に市に戻ることはできないです。それを定めた法律が存在しない。
「二重行政」ただの言葉遊びです。だってどこだってそうでしょうが。うちだって埼玉県とさいたま市で二重ですけど、、。おまけに大阪市を廃止しても区になるわけだから、区と府の二重は変わりないじゃないですか?
「経済効果数百億円」これも内容確認すると二重行政と関係ない対応によるものばかりだそうですよ。ってこれだけは私自身は確認できてなく信頼する政治家やジャーナリストの受け売りですが;;
おまけに市から区になる事による様々な膨大な作り変えのコストはその試算に考慮されてないというんだから、、。
そうまでしてまでなぜやりたいのでしょうかね。
簡単に言えば、大阪市から財布を取り上げて府の管理にして、カジノ誘致などの府として押し進めたいごくごく一部の人しか得をしない巨大事業に、注ぎ込むことができるようにしたいだけでしょう。

大阪都構想については、日刊ゲンダイのこの記事が超わかりやすかった!!ぜひこちらを見てください。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/76646

ちなみに日刊ゲンダイって頑張ってますよね!
私はスポーツ全般やらないし興味のない人間ですが、日刊ゲンダイがコロナ問題であまりに頑張っているから、電子版有料会員になって応援してます。日刊紙もちょくちょく購入してます。
太鼓持ちのテレビ、腰抜けの大新聞、それに対してゲンダイさんはズバッと歯に衣着せず正論を言ってくれる。私はそう思って嬉しいんです。何もできないけど会員になるくらいと思って。

私は埼玉県民ですが、埼玉都構想なんて始められたら堪りません。他人事と思えないんです。
みすみす自分の財布を喜んで泥棒に差し出て泥棒が喜ぶ顔を見たくないんです。

乱文お許しください。今日はこの辺で。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください