[DTI]ServersMan@VPS:パケットキャプチャーツール「TCPDUMP」を使う

TCPDUMP(テーシーピーダンブ)とは、CUIで動作するネットワーク系「パケットキャプチャーツール」です。例えば、クライアントPCからサーバーに「PING」を打つ時、クライアントでの応答はもとより、サーバー側で応答を確認したいシーンがあります。そんなとき便利なのが「TCPDUMP」です。(2013/07/28作成)

0.環境

[crayon]
$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.9 (Final)
[/crayon]

1.導入

[crayon]
$ sudo yum install tcpdump
[/crayon]

2.使い方

[crayon]
PINGのみをフィルターして抽出する場合

$ sudo /usr/sbin/tcpdump -n -i venet0:0 icmp

(オプション)
-n 名前解決をしない
-i キャプチャするインタフェイスを指定
[/crayon]

以上

[amazon_image id=”5511999407″ link=”true” target=”_blank” size=”medium” ]Tcpdump[/amazon_image]

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください