CentOS 7.3:無料のSEO検索順位チェッカー「serposcope」インストール

無料のSEO検索順位チェッカー「serposcope」を、CentOS7.3環境にインストールします。(2017/02/11作成)

SEO diegovr7 / Pixabay

serposcope(サープオースコープ)とは

Googleの検索順位ランキングを調べることのできるOSS(オープンソース)のツールです。前身はPHPで開発されていたツールですが、Serposcope 2からは、全面 JAVAで書き直されています。ソースコードも GitHubで公開されています。キーワードやサイトの登録に制限がありません。パソコンとモバイルの順位チェックが可能です。

0.環境

$ cat /etc/redhat-release 
CentOS Linux release 7.3.1611 (Core)

1.Java(OpenJDK)のインストール

$ sudo yum install java-1.8.0-openjdk.x86_64
$ java -version
openjdk version "1.8.0_121"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_121-b13)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.121-b13, mixed mode)

2.環境変数「JAVA_HOME」の設定

$ sudo vi /etc/profile

# 以下を最終行へ追加

function setjava {
  pathtojava=$(readlink -e $(which java))
  export JAVA_HOME=${pathtojava%/*/*}
  export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
}
setjava

$ source /etc/profile

3.serposcopes インストール

$ cd /usr/local/bin
$ sudo wget https://serposcope.serphacker.com/download/2.6.0/serposcope-2.6.0.jar

4.serposcopes ポートの開放

# serposcopes のListenポート(port:7134)を開放
$ sudo firewall-cmd --add-port=7134/tcp --zone=public --permanent

# firewalldのリロード
$ sudo firewall-cmd --reload

# 許可されているサービスやポートの一覧を表示
$ sudo firewall-cmd --list-all --zone=public

5.serposcopes 起動・セットアップ

$ java -jar /usr/local/bin/serposcope-2.6.0.jar

http://{INSTALLED-SERVER}:7134/

⇒ CREATE ADMIN 設定

6.serposcopes 初期化方法

下記ディレクトリを削除すれば、すべてのデータ(サイト・検索ワード・収集データ)リセットされます。
⇒ /root/serposcope

7.付録:CentOS7「Systemd」にて「serposcopes」をサービス化

1)スタートアップ用スクリプトの作成

$ cd /usr/local/bin

vi serposcope-startup.sh

#!/bin/bash
java -jar /usr/local/bin/serposcope-2.6.0.jar

$ sudo chmod +x serposcope-startup.sh

2)/etc/systemd/system/ の下にUnit定義ファイルを配置

$ sudo vi /etc/systemd/system/serposcope.service

[Unit]
Description = Serposcope Service

[Service]
ExecStart = /usr/local/bin/serposcope-startup.sh
Restart = always
Type = simple

[Install]
WantedBy = multi-user.target

3)UnitがServiceとして認識されたか確認

$ sudo systemctl list-unit-files --type=service | grep serposcope
serposcope.service                            disabled

4)対象サービスを「enable」「start」する

# サービス自動起動 ON
$ sudo systemctl enable serposcope
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/serposcope.service to /etc/systemd/system/serposcope.service.

# 起動
$ sudo systemctl start serposcope

# 停止
$ sudo systemctl stop serposcope

# サービス自動起動 OFF
$ sudo systemctl disable serposcope

8.付録:データソースを「MySQL」に変更する手順

SERPOSCOPE 仕様として、検索キーワードが「2,000」を超える場合、データソースをデフォルトの「ファイル型データベース」から「MySQL」に切り替えことをお勧めされます。

WARNING : you are using H2 embbeded database with more than 2000 keywords. It is advised to switch to MySQL when you check more than a few thousands of keywords.

和訳)警告:2000個以上のキーワードを含むH2組み込みデータベースを使用しています。数千ものキーワードをチェックすると、MySQLに切り替えることをお勧めします。

SERPOSCOPEは、下記手順にて、データソースをデフォルトの「ファイル型データベース」から「MySQL」に切り替えことが可能です。

1)DBの作成

> CREATE DATABASE serposcope DEFAULT CHARACTER SET utf8;

2)DBの接続設定

$ sudo vi {INSTALL_ROOT}/serposcope.conf
以下を追加、your の部分は適宜変更。
serposcope.db.url=jdbc:mysql://localhost/serposcope?user=your&password=your&allowMultiQueries=true

3)起動設定

SERPOSCOPE DB内のテーブルが「空」の場合は、初期テーブルがセットアップされます。データソースに「MySQL」をする場合は、起動ファイルに、設定ファイルを読み込ませる必要があります。

起動フォーマット:
$ java -Dserposcope.conf={INSTALL_ROOT}/serposcope.conf -jar {INSTALL_ROOT}/serposcope-{VERSION}.jar

4)DBのリストア

データソースを「MySQL」に変更した場合、既存の「ファイル型データベース」からデータ復元が可能です。なお既存データは、「ファイル型データベース」の状態で取得しておく必要があります。

SERPOSCOPE > ADMIN > SAVE をCLICK、環境設定を含めた、SERPOSCOPE全体退避できます。
⇒ バックアップファイル:  export-utf8.sql.gz

SERPOSCOPE > ADMIN > RESTORE から、上記「export-utf8.sql.gz」を用いて、SERPOSCOPE全体復元できます。
⇒ Import successful となれば完了です。

以上

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください