CentOS 7.7:ドメインの有効期限を監視するシェルスクリプト

CentOS Linux 7 にドメインの有効期限を監視するシェルスクリプト「domain-check-2」を設置して、ドメインの失効を監視します。(2020/02/01作成)

Domain

0.環境

$ cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.7.1908 (Core)

1.インストール

$ wget https://raw.githubusercontent.com/nixcraft/domain-check-2/master/domain-check-2.sh
$ sudo cp -vf domain-check-2.sh /usr/local/bin/domain-check-2
$ sudo chmod +x /usr/local/bin/domain-check-2

2.使い方

$ domain-check-2 -d {domain-name}
$ domain-check-2 -d example.com

Sample outputs:

Domain                              Registrar                                      Status   Expires     Days Left
----------------------------------- ---------------------------------------------- -------- ----------- ---------
example.com                         RESERVED-Internet                              Valid    13-aug-2020   195

3.使用例

1)ドメイン {domain-name} が30日で期限切れになる場合は、メールを受け取ることもできます。

$ domain-check-2 -a -d {domain-name} -q -x 30 -e {mail-recipient}

2)mydomains.txtなどのファイルからドメイン名のリストを読み取ることができることです。(各ドメインを新しい行にリストします)

$ domain-check-2 -a -f mydomains.txt -q -x 30 -e {mail-recipient}

OR

$ domain-check-2 -f mydomains.txt

3).jpドメイン等 whois情報に日本語が含まれるドメインの照会には、環境変数LANGを一時的に変更して実行します。

$ env LANG=C domain-check-2 -d yahoo.jp

以上

DNSがよくわかる教科書

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください