FreeBSD: ログインシェルをbashに変更手順

FreeBSDのログインした時のシェル(ログインシェル)はCシェル系の「csh」「tcsh」となります。chsh コマンドで、ログインシェルを「bash」に変更する手順になります。(2019/04/14作成)

MichaelGaida / Pixabay

0.環境

1)FreeBSDのバージョン確認

$ uname -r
9.1-RELEASE-p24

1.設定手順

1)デフォルトのログインシェルを表示

% echo $SHELL
/bin/csh

2)「chsh」コマンドでログインシェルを変更

% which bash
/usr/local/bin/bash

% chsh -s /usr/local/bin/bash
Password: パスワード
chsh: user information updated

3)「.bash_profile」ファイルを作成

% vi ~/.bash_profile

# .bash_profile

if [ -f ~/.bashrc ]; then
    . ~/.bashrc
fi

PATH=$PATH:$HOME/bin:$HOME/usr/local/bin
export PATH

4)「.bashrc」ファイルを作成

% vi ~/.bashrc

# .bashrc
alias rm='rm -i'
alias mv='mv -i'
alias cp='cp -i'
alias la='ls -la'
alias ll='ls -l'

5)再度sshログインしてログインシェルを確認

$ echo $SHELL

/usr/local/bin/bash

2.付録:サーバー確認コマンド

1)メモリー使用量

$ ps aux | awk '{sum += $6}END{print sum}'

2)プロセス数

$ ps -aux | wc -l | sed -e 's/[^0-9]//g'

3)Load Averages

$ uptime | sed -e 's/.*averages: //g' -e 's/,//g' | awk '{print $1}'

以上

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください