[DTI]ServersMan@VPS:SSL証明書「RapidSSL」導入

サーバーSSL証明書「RapidSSL」を ServersMan@VPS に導入します。RapidSSL.comとは、Geotrust社の事業部が運営する、コストパフォーマンスが高い低価格証明書です。(2013/06/23作成)

Rapid Unsplash / Pixabay

<RapidSSL.com ラピッドSSL>
サーバー種別:Apache 2.x + mod_ssl + OpenSSL
SSL種別   :RapidSSL.com ラピッドSSL(取得年数:3年)
コモンネーム: www.offline-net.com

※以下手順はコモンネーム「www.offline-net.com」を申請した際の手順となります。

1.秘密鍵(ssl.key)・証明書(ssl.crt)を置くディレクトリを新設します。

2.秘密鍵を作成します。

以下はパスフレーズを使用しない例です。
作成した秘密鍵は、物理的に異なる場所に「バックアップ」します。

3.作成した秘密鍵ファイルからCSRを生成します。

4.ジオトラスト社の正規販売代理店、SSLボックスから申請します。

SSLボックスのサービスをお申し込みいただくには、ネットオウル会員IDが必要となります。申請フォームからCSR申請時、承認メールアドレス と 証明書受取り用メールアドレスに確認用メール(英文)が届きますので対応します。

5.送付された証明書を保存します。

6.続けて中間証明書(RapidSSL)の保存します。

7.SSL設定ファイルに以下のような内容を追加します。

8.httpdを再起動します。

9.アクセス確認

https://www.offline-net.com/piwik/

以上

Pocket

コメントを残す