CentOS 5.x:Monitで死活監視

Monit は、本来、UNIXシステム上のプロセスやファイル、ディレクトリ、デバイスを監視・自動起動する「システムマネジメントツール」です。Monitがインストールされたから環境から、他のホスト(サーバー)の死活監視も可能であることから、ちょっとした「サーバー」の監視に活用できます。CentOS 5.x環境にインストールしてサーバーを監視してみます。(2014/05/25作成)

SECURITY CAMERA SECURITY CAMERA

0.環境

$ cat /etc/redhat-release 
CentOS release 5.4 (Final)

1.インストール

$ sudo yum install monit

2.設定

基本設定: /etc/monit.conf です。
拡張設定: /etc/monit.d 配下にファイルを作ります。
設定例: www.offline-net.com (IP:183.181.50.202) を監視しています。

$ sudo vi mailto
set alert {アラートを送信するメールアドレス}
$ sudo vi www.offline-net.com
check host www.offline-net.com with address 183.181.50.202
    # ポート監視設定
    if failed port 80 proto http then alert
    # Ping 監視設定
    if failed icmp type echo with timeout 5 seconds then alert

3.サービス起動

/etc/init.d/monit start

4.アラートメール

■障害時のメール

Connection failed Service www.offline-net.com 

	Date:        Thu, 15 May 2014 12:45:42 +0900
	Action:      alert
	Host:        www.offline-net.com
	Description: 'www.offline-net.com' failed, cannot open a connection to INET[183.181.50.202:80] via TCP

Your faithful employee,
monit

■復旧時のメール

Connection passed Service www.offline-net.com

	Date:        Thu, 15 May 2014 12:54:42 +0900
	Action:      alert
	Host:        www.offline-net.com
	Description: 'www.offline-net.com' connection passed to INET[183.181.50.202:80] via TCP

Your faithful employee,
monit

以上

[amazon_image id=”4818203580″ link=”true” target=”_blank” size=”medium” ]新・早わかり死活小事典―形で見わける生き死にのコツ[/amazon_image]

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください