CentOS 5.x:Monitで死活監視

Monit は、本来、UNIXシステム上のプロセスやファイル、ディレクトリ、デバイスを監視・自動起動する「システムマネジメントツール」です。Monitがインストールされたから環境から、他のホスト(サーバー)の死活監視も可能であることから、ちょっとした「サーバー」の監視に活用できます。CentOS 5.x環境にインストールしてサーバーを監視してみます。(2014/05/25作成)

0.環境

1.インストール

2.設定

基本設定: /etc/monit.conf です。
拡張設定: /etc/monit.d 配下にファイルを作ります。
設定例: www.offline-net.com (IP:183.181.50.202) を監視しています。

3.サービス起動

4.アラートメール

■障害時のメール

■復旧時のメール

以上

Pocket

コメントを残す