CentOS 6.6:Muninの監視項目を増やす【MongoDB編】

ソフマップ・ドットコム

Muninは、デフォルトの監視項目以外に「プラグイン」で監視したい項目を増やすことができます。代表的なモジュール「MongoDB」を監視項目に追加してみます。(2015/01/04作成)

Mongo Erdenebayar / Pixabay


MongoDBとは

MongoDBはRDBMSではなく、いわゆるNoSQLと呼ばれるデータベースに分類されるものである。 RDBMSのようにレコードをテーブルに格納するのではなく、「ドキュメント」と呼ばれる構造的データをJSONライクな形式で表現し、そのドキュメントの集合を「コレクション」として管理する(このデータの物理的な格納はBSONと呼ばれるJSONのバイナリ版といえる形式で行われる)。 コレクションはRDBMSのような固定的なスキーマを持たない。

Contents

0.環境情報

$ mongod --version | head -n 1 -
db version v2.6.6

1. MongoDB 設定

MongoDB Munin Plugin で MongoDB を監視できるよう MongoDB に 「HTTPインターフェイス」を追加します。

$ sudo vi /etc/mongod.conf
rest=true を追加
$ sudo /etc/init.d/httpd restart

2.Munin-node 設定

$ mkdir mongodb-munin-plugin
$ cd mongodb-munin-plugin
$ wget -c http://github.com/erh/mongo-munin/tarball/master -O master.tar.gz
$ tar zxvf master.tar.gz 
$ sudo cp -a erh-mongo-munin-08e7aeb/mongo_{conn,mem,ops} /usr/share/munin/plugins/
$ sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/mongo_conn /etc/munin/plugins/mongo_conn
$ sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/mongo_mem /etc/munin/plugins/mongo_mem
$ sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/mongo_ops /etc/munin/plugins/mongo_ops
$ sudo /etc/init.d/munin-node restart

3. プラグイン動作確認

 
$ sudo munin-run mongo_conn
$ sudo munin-run mongo_mem
$ sudo munin-run mongo_ops

以上

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください