CentOS 6.8:FTPプロキシを立てる方法(ftp.proxy編)

セキュリティ上、接続IPアドレスが制限されている「FTPサーバー」に許可IPアドレス以外のGetewayから接続する場合、FTPプロキシを立てて、許可IPアドレスをプロキシーする方法が一般的です。「ftp.proxy」を用いて、FTPプロキシする設定を行ないます。(2017/03/19作成)

Security geralt / Pixabay

ftp.proxyとは

ftp.proxy は http://www.ftpproxy.org/ で公開されている FTP Proxy サーバー。アプリケーションレベルでの、FTP ゲートウェイであり、クライアント・サーバ間でコマンドやデータの転送を取り持ちます(同サイトの説明より)。各種 Linux で動作。ライセンスは GPL v2。1999年8月に version 1.0.1 が公開され、安定版は version 1.2.3 が公開中。

0.環境

1.インストール(RPM版)

2.サービスポートの記述

3.スーパーデーモン(xinetd)設定

4.ログの設定

5.ftp.proxy 経由のFTP接続

以上

Pocket

コメントを残す