CentOS 6.9:FFmpegインストール(RPM版)

CentOS 6.9環境に動画と音声を記録・変換・再生するためのフリーソフトウェア「FFmpeg」をRPMインストールします。(2018/05/13作成)

Converting IceEye / Pixabay

FFmpegとは:

FFmpegは動画と音声を記録・変換・再生するためのフリーソフトウェアである。Unix系オペレーティングシステム 生まれであるが現在ではクロスプラットフォームであり、libavcodec、libavformat、libswscale、libavfilterなどを含む。 (出典:ウィキペディア)

0.環境

$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.9 (Final)

1.セットアップ

1)EPELリポジトリ追加

$ sudo yum install epel-release

2)Nux Dextopリポジトリ追加

$ sudo rpm --import http://li.nux.ro/download/nux/RPM-GPG-KEY-nux.ro
$ sudo rpm -Uvh http://li.nux.ro/download/nux/dextop/el6/x86_64/nux-dextop-release-0-2.el6.nux.noarch.rpm

3)ffmpegインストール

$ sudo yum install ffmpeg ffmpeg-devel

4)ffmpegバージョン確認

$ ffmpeg -h
$ ffmpeg -h 2>&1 | head -n 1
ffmpeg version 2.6.8 Copyright (c) 2000-2016 the FFmpeg developers

5)動画のメタデータを確認

$ ffprobe [動画ファイル名]

3.ドキュメンテーション

http://ffmpeg.org/documentation.html

以上

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください