Amazon Linux 2:スワップ領域作成手順

Amazon Linux 2 EC2 インスタンスに、Linuxのスワップ(swap)領域作成します。(2018/12/16作成)

region MartinFuchs / Pixabay

スワップ領域とは

スワップ領域とは,仮想メモリ使用時に不必要なメモリ領域のデータを一時的に書き込んでおくファイルシステム上の領域のことです。 仮想メモリは,実際にコンピュータに搭載されているメモリだけではなく,ハードディスクなどに用意されたスワップ領域も仮想的にメモリとみなして,より大きなメモリ容量を実現する仕組みです。(出典:びぎねっと)

0.環境

1.背景

Amazon Linux AMI のブートディスクには、デフォルトでは、スワップ領域は作成されていません。

一時的に大きなメモリーを確保するシーンでは、物理 RAMを短期的に置き換えるものとして、Linuxのスワップ領域が必要とされます。

2.手順

1)ルートファイルシステムに 4 GB のスワップファイルを作成します。

2)スワップファイルの読み書きのアクセス許可を更新します。

3)Linux スワップ領域のセットアップ

4)スワップ領域にスワップファイルを追加して、スワップファイルを即座に使用できるようにします。

5)手順が正常に完了したことを確認します。

6)/etc/fstab ファイルを編集して、起動時にスワップファイルを有効にします。

以上

Pocket

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください