CentOS 6.6:Apache2.4+PHP5.6+MySQL5.6+Memcached1.4.4 環境構築

GMOクラウド ALTUS BASICの CentOS 6.6に、定番LAMP実行環境として、Apache2.4+PHP5.6+MySQL5.6+Memcached1.4.4 の環境を構築します。(2015/02/08作成)

terribl / Pixabay

0.環境情報

1.インストール要件

2.事前作業

1)「EPEL」リポジトリが使用可能にします。

2)「rpmbuild」コマンドを使用可能にします。

3.httpd 2.4.10

依存関係モジュール

1)APR1.5.1のインストール

2)reetds-develのインストール

3)APR-util1.5.4のインストール

4)distcache-develのインストール

5)mailcapのインストール

6)Apache2.4.10のインストール

7)インストール後の設定

※MPMの変更)Apache2.4.10ではデフォルトで使用されるMPMはeventになっています。PHPを使用する場合等、使用するMPMをpreforkにしたい場合は、Apacheの設定ファイル「/etc/httpd/conf/httpd.conf」で、MPMのモジュールを読み込む設定を以下のように変更します。

8)SSLを有効にする

mod_sslのインストール、mod_ssl関連の「httpd.conf」設定を行います。

4.php5.6.4

PHP5.6インストール

1)libcurl-develのインストール

2)postfixのインストール

3)libjpeg-turbo-develのインストール

4)firebird-develのインストール

5)ibmcrypt-develのインストール

6)PHP5.6.4のRPM作成

7)php56u-pearのインストール

8)php56u-pecl-jsoncのインストール

9)php56u-pecl-apcuのインストール

10)php56u-pecl-geoipのインストール

※「GeoIP C ライブラリインストール 」と「GeoLite Country, GeoLite City バイナリデータ」の配置は下記事を参考にインストールします。

[DTI]ServersMan@VPS:PHP GeoIP のインストール

11)PHP5.6.4のインストール

12)Apacheの設定ファイルの編集

5.MySQL 5.6.22

6.Memcached 1.4.4

1)依存するモジュール群をインストール

2)php56u-pecl-memcached インストール

7.起動・自動起動設定

以上

Pocket

コメントを残す