CentOS 6.9:Muninの監視項目を増やす【PHP OPcache編】

Muninは、デフォルトの監視項目以外に「プラグイン」で監視したい項目を増やすことができます。代表的なモジュール の共有メモリキャッシュ「PHP OPcache」を監視項目に追加してみます。(2017/05/20作成)

Memory stux / Pixabay

OPcacheとは

OPcache はコンパイル済みのバイトコードを共有メモリに保存し、PHP がリクエストのたびにスクリプトを読み込み、パースする手間を省くことでパフォーマンスを向上させます。

0.環境

1.PHP OPcacheのプラグインインストール

ローカルホストからのみ「 php_opcache.php 」にアクセスできるようファイルを配置します。

提供モジュール: Munin plugin for monitoring PHP OPcache
https://github.com/nyroDev/munin-php-opcache

2.PHP OPcacheのプラグイン設定

3.munin-nodeの設定/反映

以上

Pocket

コメントを残す