CentOS 6.9:Muninの監視項目を増やす【PHP OPcache編】

Muninは、デフォルトの監視項目以外に「プラグイン」で監視したい項目を増やすことができます。代表的なモジュール の共有メモリキャッシュ「PHP OPcache」を監視項目に追加してみます。(2017/05/20作成)

Memory stux / Pixabay

OPcacheとは

OPcache はコンパイル済みのバイトコードを共有メモリに保存し、PHP がリクエストのたびにスクリプトを読み込み、パースする手間を省くことでパフォーマンスを向上させます。

0.環境

$ cat /etc/redhat-release 
CentOS release 6.9 (Final)

$ php -v | head -n 1
PHP 5.6.21 (cli) (built: Apr 28 2016 07:47:46) 

1.PHP OPcacheのプラグインインストール

ローカルホストからのみ「 php_opcache.php 」にアクセスできるようファイルを配置します。

提供モジュール: Munin plugin for monitoring PHP OPcache
https://github.com/nyroDev/munin-php-opcache

$ sudo wget https://raw.githubusercontent.com/nyroDev/munin-php-opcache/master/php_opcache.php

アクセス例)

$ curl -s 'http://127.0.0.1/tools/php_opcache.php'
mem_used.value 133772952
mem_free.value 104
mem_wasted.value 444672
hitrate.value 85.88
hits.value 2622690
misses.value 431284
used_keys.value 2312
free_keys.value 5651

2.PHP OPcacheのプラグイン設定

$ cd /usr/share/munin/plugins
$ sudo wget https://raw.githubusercontent.com/nyroDev/munin-php-opcache/master/php_opcache_
$ sudo chmod +x php_opcache_

$ cd /etc/munin/plugins/
$ sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/php_opcache_ /etc/munin/plugins/php_opcache_memory
$ sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/php_opcache_ /etc/munin/plugins/php_opcache_hitrate
$ sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/php_opcache_ /etc/munin/plugins/php_opcache_hits
$ sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/php_opcache_ /etc/munin/plugins/php_opcache_misses
$ sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/php_opcache_ /etc/munin/plugins/php_opcache_keys

3.munin-nodeの設定/反映

$ sudo vi /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node

[php_opcache_*]
user root
env.URL http://127.0.0.1/tools/php_opcache.php
$ sudo /etc/init.d/munin-node status
$ sudo /etc/init.d/munin-node restart

$ sudo su - munin --shell=/usr/bin/munin-cron

以上

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください