CentOS 7.4:CentOS 7系に PHP 7.1を yumでインストールする

CentOS 7系(7.4) に PHP 7.1 を yum でインストールする手順です。(2017/10/28作成)

PHP StockSnap / Pixabay

0.環境

[crayon]
$ cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)

$ httpd -V | head -n 1
Server version: Apache/2.4.6 (CentOS)
[/crayon]

1.既存PHPパッケージの削除

[crayon]
$ sudo yum remove php*

$ php -v
bash: /bin/php: そのようなファイルやディレクトリはありません
[/crayon]

2.リポジトリの追加

1)EPELレポジトリ

[crayon]
$ sudo yum install epel-release
[/crayon]

2)remiレポジトリ

[crayon]
$ sudo yum install https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm
[/crayon]

3)インストール確認

[crayon]
$ rpm -qa | grep -i epel-release
epel-release-7-10.noarch

$ rpm -qa | grep -i remi-release
remi-release-7.3-2.el7.remi.noarch

$ ls -1 /etc/yum.repos.d/ | grep -E ‘epel|remi’
epel-testing.repo
epel.repo
remi-php54.repo
remi-php70.repo
remi-php71.repo
remi-php72.repo
remi-safe.repo
remi.repo
[/crayon]

3.PHPインストール

[crayon]
基本パッケージ
$ sudo yum install –enablerepo=remi-php71 php php-mbstring php-pear php-fpm php-mcrypt php-devel php-xml

DB(mysql)関連
$ sudo yum install –enablerepo=remi-php71 php-pdo php-mysqlnd php-pecl-mysql

中間キャッシュ
$ sudo yum install –enablerepo=remi-php71 php-opcache

画像処理関連
$ sudo yum install –enablerepo=remi-php71 php-gd

オロケーション関連
$ sudo yum install –enablerepo=remi-php71 php-pecl-geoip

インストール確認
$ php -v
PHP 7.1.10 (cli) (built: Sep 27 2017 08:27:18) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2017 The PHP Group
Zend Engine v3.1.0, Copyright (c) 1998-2017 Zend Technologies
with Zend OPcache v7.1.10, Copyright (c) 1999-2017, by Zend Technologies
[/crayon]

4.httpd設定反映

[crayon]
$ sudo systemctl restart httpd
[/crayon]

以上

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください