Amazon Linux 2:RedisインストールおよびPHPとの連携方法

Amazon Linux 2のEC2環境に、インメモリ型のKVS(キーバリューストア)かつ高速な非リレーショナルデータベース(NoSQL)である Redis(レディース)をインストールして、PHPのセッションハンドラをRedisに切り替えます。(2018/12/30作成)

Store MichaelGaida / Pixabay

Redisとは

Redisは、データ構造サーバーを実装するオープンソースソフトウェアプロジェクトである。いわゆるNoSQLデータベースの一つであり、Redis Labsがスポンサーとなって開発されている。ネットワーク接続されたインメモリデータベースでかつキー・バリュー型データベースであり、オプションとして永続性を持つ。 (出典: ウィキペディア)

0)環境

[crayon]
$ php -v
PHP 7.2.11 (cli) (built: Oct 24 2018 17:51:11) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.2.0, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies
with Zend OPcache v7.2.11, Copyright (c) 1999-2018, by Zend Technologies
[/crayon]

1)Redisインストール

Amazon Linux 2は、amazon-linux-extrasコマンドでRedisをインストールできる。

[crayon]
$ sudo amazon-linux-extras install redis4.0
[/crayon]

2)Redisの自動起動設定と起動

[crayon]
$ sudo systemctl status redis.service
$ sudo systemctl start redis.service
$ sudo systemctl enable redis.service
$ sudo systemctl is-enabled redis.service
[/crayon]

3)プロセスの起動確認

[crayon]
$ ps -ef | grep redis | grep -v grep
redis 8529 1 0 10:51 ? 00:00:00 /usr/bin/redis-server 127.0.0.1:6379
[/crayon]

4)Redis 動作確認

[crayon]
$ redis-cli -v
redis-cli 4.0.10

$ redis-cli ping
PONG
[/crayon]

5)redis-cli で実験

[crayon]
$ redis-cli
127.0.0.1:6379> set key value
OK
127.0.0.1:6379> get key
“value”
[/crayon]

6)php-pecl-redisのインストール

[crayon]
$ sudo yum install https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
$ sudo yum install –enablerepo=epel php-pecl-redis
[/crayon]

7)Redisのiniファイル設定

[crayon]
$ sudo vi /etc/php.d/50-redis.ini
session.save_handler = redis
session.save_path = “tcp://localhost:6379”
[/crayon]

以上

About yoshimasa

埼玉県さいたま市在住、2男3女のパパです。Linux系の技術情報を中心にまとめています。1978年2月生まれ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください